スタッフのつぶやき

「認知症は早期発見で予防できる」

「認知症は早期発見で予防できる」という本を読みました。

もの忘れなど、何か気になることがあっても「年のせい」とはせず、

早い段階から疑って、必要に応じて対応していくことが大切なようです。

本の中では、予防に大切なことの1つとして「歩くこと」が紹介されていました。

周囲の安全に気を配りながら歩くことは、脳の刺激になり、認知機能に深く関わっているようです。

歩くポイントは、少し息があがるくらいの早歩き。

その他いろいろな、すぐに実行できそうなことが書かれてました。

歩くことの大切さを改めて認識しました。
もっとお薬のことを知って頂き、健康な毎日を明るい笑顔で過ごして頂きたい。